印章と印鑑の違いとは

印章(はんこ)の事を一般に「印鑑」と言っておりますが、本来は違っております。

印章(はんこ)は物品で道具です。

印鑑とは、『印・鑑』いん・かがみを詰めて、いん・かんと言い、鏡に映したように、同じと言う意味です。

ですから、役所には印鑑登録受付があって「はんこ」を押した「印影」を受け付けております。

印鑑とは押した印影の事を言います、と言っても一般的には「印鑑」も「印章」と同じ意味で使用している事が多いです。

当店では「印章」という言葉を割と多めに使いますので、予めご了承ください。

印章(いんしょう、英語: seal)は、象牙金属合成樹脂などを素材として、その一面に文字シンボル彫刻したもの。個人・官職団体の印として公私の文書(公文書や私信など)に押して特有の痕跡(印影・印痕)を残すことにより、その責任や権威を証明する事に用いる。

Wikipedia

しばしば世間一般では、正式には印章と呼ばれるもののことをハンコ、印鑑(いんかん)と呼んでいるが[2]、厳密には印章あるいはハンコと同じ意味で「印鑑」という語を用いるのは正確ではない[2]。古くは、印影と印章の所有者(押印した者)を一致させるために、印章を登録させた。この印影の登録簿を指して「印鑑」と呼んだ。転じて、日本では印鑑登録に用いた印章(実印)を特に印鑑と呼ぶこともあり[7]、更には銀行印などの登録印や、印章全般もそのように呼ぶ場合もある

Wikipedia

印章はんこの本体側。印材を加工・成形して作られる。封泥封蝋用のものは印章が彫られた面が中央に向かってわずかに凹んでおり、朱肉による捺印用は平板か中央が少し盛り上がっている。※日本の法令用語としての「印章」は、概ね「印影」を意味する(刑法、民法他での「印章」は印影の意味である。(ただし、刑法における印章についてはその意に印形(はんこ)も含むとされている[28]。))[29]

Wikipedia